ムネリンと精力剤

俺はムネリンが大好きだ。ルックスも好きだしキャラクターも好きだ。なんか憎めないキャラクターなんだよね。

そんなムネリンがDVDを出しているのだがそれがめちゃくちゃ値段が高いのだ。守備指南DVDというものなんだが収録時間1時間34分で1万9,900円もする!これはあまりにも高すぎる。しかも内容は結構真面目な感じだからどうも買おうという気にはなれない。 100%全額返金保証してくれるらしいが…

こんな高いものを1回見て返品返金するのも気が引ける。ムネリンのファンならコレクターとして集めるかもしれないが…正直俺はこれを買うんだったら精力剤を買う。

いくらムネリンが好きだからといってさすがにこれに金を使う気にはならない。ムネリンだしギャグ満載な内容なら笑えるから買ってもいいかもしれないけど。どうやらそーゆー内容ではないらしいし。

値段が値段だけに真面目ないようにしなければいけなかったのは分かるがもっと企画内容おもしろいものにした方が良かったような気がする。まあこれはあくまで俺の意見なので。もっと低価格でギャグ満載のDVDが出たら必ず買いたいと思ってるので。それにしても今シーズンムネリンはまだ本調子じゃないみたいだから頑張って欲しいものだ。

今は精力剤で女を抱きたい!

海岸に自ら上陸したいるかの大量死はいったい何を意味するものだったんだろうか。三重の地鶏との関係はあるのだろうか?

もしかして地震の予兆なのではないかと言う人もいるがホントのところはどうなんだろうか?もし地震が来たら都会の人間は間違いなく生き残れないだろう。その日のために今やりたいことやっておくべきだと俺は思う。だから俺は今から精力剤を飲んで女を抱きにいくんだ。

これから抱きに行く女はとても胸が美しい。精力剤を飲んでタフな体に変身して思い存分快楽を共有してこようと思っている。大地震が来て命を失う時にやり残したことがあったらそれはとても悲しいことだ。そんなことがないように俺は今やりたいことを欲望のままにむさぼるように行動に移したい。

いるかが156頭も
打ち上げられるなんて絶対におかしい。何かあるに違いない。何もないのにあんなことが起こるわけがないじゃないか。何か身を以て人間に伝えたいことがあったのではないだろうか。それとも他に原因があっているかは死んでしまったのだろうか?すべては謎のままである。

でもこのような兆候ができる以上警戒することを怠るべきではないと思う。地震の対策について自分で出来る事はやっておこう。

あおいそらと精力剤

あおいそらは中国やインドネシアでとても人気があるようだ。日本ではしばらく見ないなと思っていたが海外で活躍しているみたい。あの胸は全国共通で受け入れられるようだ。

確かに素晴らしい胸だと思う。俺がもしあおいそらと1夜を共にするとなったら確実に精力剤を飲んで最高の状態を整えていくだろう。あおいそらは2002年にグラビアでデビューした後AVデビューしてトップ女優として人気を博した。

俺ら世代では知らない人はいない。国内だけで流通するはずの出演作品が赤い造版として海外に出回りそれが原因となってアジア各国にも熱狂的なファンを生み出したのだ。

2008年ごろからアジアで本格的な活動を始めてそれが引き金となり人気が爆発した。今は1年の半分を中国で過ごしているようだ。だから日本で目にする機会が減ったのかもしれない。

中国ではなんとかしとして活動しているようだ。彼女がどんな歌声なのか俺も正直知らない。印象に残ってるな胸だけだ。

彼女の胸を間近で見れるなら俺は1番高い精力剤を買ってギンギンにしていくだろう。彼女と一夜を共にして満足させられなかったとしたら男としてとても情けないことだから。彼女はAV女優の鏡かもしれない。

俺は精力剤にしか頼らない

薬だけで鬱病が治ったなんていう人間を俺は見たことがない。俺の友人もうつ病を薬で治療しようとしているが、どんどんおかしな状態になっている。パニック症候群になったりしてるんだ。

だが俺から言わしてもらったら単なる甘えなんじゃないかと思う。辛いことから逃げるために。俺はうつ病になんてなったことがないし、今後もなることないだろう。医者から出される薬なんて飲まないし。人生は誰だって辛いものって思う事は少しくらいあると思う。

でも、それを乗り越えていくべきだと思う。そこで薬になんて頼るからおかしなことになっちゃう。

俺は頼るものは精力剤だけ。テンションが上がらない時は精力剤を飲んで無理にでもテンションをあげるようにしている。そして、できるだけ大きな声を発するようにもしている。そう心がけるだけでだいぶ元気になるもの。す今、教育の現場では発達障害がブームになっているみたい。子供に精神薬を投与するなんてケースもある。ほんと馬鹿げてるんじゃないかと思うよ。その背景には、製薬会社と医者の間に金銭的なつながりがあるなんてのも言われている。

人を馬鹿にするのもいい加減にしろ。そんな被害に合わないために医者を見る目を養わなくてはいけないだろう。

うつ病と精力剤の関係

うつ病になりたくなければ医者を疑った方がいい。うつ病治してければ薬を疑った方がいい。

医者の中にだって、金儲けでやっている奴もいるんだから。すべての医者が真っ当な人間だと思ったら大間違いだ。中には自分の欲のためだけにやってるやつもいないわけじゃない。だから、すべてを信じてはいけない。うつという言葉が最近すごく軽いものになってるような気がする。カジュアル化してきいるとでもいえるのかな。

これってとても危険なことだと思う。何かあったらすぐにうつ病と診断して薬漬けされてしまう。

それが原因でインポになってしまう人間になっているくらいだ。もしインポになってしまったら勝手な自分の判断だけで精力剤やバイアグラを飲むのはやめてほしい。しっかりと専門機関に相談に行くのがベスト。しかもそれは、いろんなところに行った方がいい。

自分の相談に行ったところがあまりよくない医者とかだったら状況よりはくなってしまうからだ。よくなるまでいろんな医者の意見を聞いてみよう。めんどくさいかもしれないが、自分を救うのは結局自分だけ。他人は自分を利用することを考えてるとばかり思うのもおかしなことかもしれないが、それくらい用心深くなるということも必要じゃないだろうか。

俺は30歳になるまでインポで悩んだことがなかった。

30になるまでは精力剤なんて飲んでる人間はとても弱い人間だと思っていた。酒の席では、いつものように馬鹿にしていた。

精力剤なんてそもそもが気休めみたいなもんだろうと思っていたんだ。中に入っている成分だって適当なこと書いてるだけであって効果なんて無いに等しいじゃないかと思っていた。

完全に偏見の目で俺は精力剤を見ていた。精力剤はいろんな人間が販売してるから中にはインチキなものもあるだろう。でも本当に優れた精力剤を飲んだ時に俺は目から鱗がぺろんぺろんと落ちた。

そして恥ずかしい話だが、泣いてしまったのである。俺は精力剤を飲んだのは30歳になってからインポになってしまったからである。インポになった原因はふしだらな生活を続けていたからだろう。

若さを武器に食生活から睡眠に至るまで無茶しまくっていたのである。そのツケは30歳になって全部きた。そして俺のアソコは俺のものじゃないみたいな感覚になってしまった。

俺は初めて味わうその感覚に自信をなくしてしまった。しばらく俺は引きこもり生活に突入したのである。しかし、それを救ってくれたのが精力剤だった。本当に感謝している。

必要なものは精力剤

浮気がバレたら黒魔術でごまかせ。その日のために黒魔術をマスターしておくといいと思う。

黒魔術そんなに難しいものではない。ただし、誰もができると思ってしまっては困る。そんなに簡単なものではないが、ある程度の時間を要するということだ。まあスケベな人間であればすぐにマスターできることだろう。必要なものは精力剤。

これは体力維持するためにも、ぜひとも用意して欲しい。何をするにしても体力のない人間はうまくいかない。

自分の体力が向上するためには何をすればいいのかを日々模索して欲しい。そうすることで、今までの自分になかった一面に気付く時がいずれ訪れるだろう。

新しい自分を発見するのはとても嬉しいことだ。それはふがいない自分からの脱皮。最近俺はある映画をみた。

これはDVDが発売されたら買おうと思っている。絶妙な人間関係を描いた映画でもう2 、 3回は観たいなと思った。できることなら精力剤を飲みながら見たいと思っている。そしてその後、最近ナンパした女の子と遊びに行きたいと思っている。

まだその子は25歳なので俺はいろんなことを教えてやろうと思っている。俺のテクニックを味わったそんじょそこらの男とはもう遊べなくなるくらい濃密な時間を経験させたいな。

満州はきつい女に当たった時の対処法はあるのか?

正直、それは難しいと思う。もう負け戦を覚悟でやるしかないだろう。せめてできることといったら口で息をすることぐらいしかない。

そんなことで戦意喪失してはいけないのだ。俺は満州のきつい女に当たったとしてもひるまないために、常に戦の時は精力剤を飲むようにしている。

リゲインやレットブルで精力剤を流し込んで気合を入れるんだ。そうすることで、いつもの戦闘態勢に入ることができる。そうすると自然と満州に対する抵抗ができてしまうんだ。

たとえ臭かったとしても、それで俺の戦意が喪失してしまうなんて事はなくなってしまうのだ。満州がきつい女は大体は不潔な女だ。風呂も毎日入らないなんて女は満州の可能性が高い。

別に臭いに対してテンションが下がるということはないが衛生的によくないからできることならなめないようにしたほうがいいと俺は思っている。早く挿入に持ち込むのだ。

満州に当たらないようにするには会話しているときに、ちゃんと毎日風呂に入るかどうかをうまく聞き出すことが大事だと思う。あからさまに聞いてできないよ。これは結構難しいテクニックだけど、うまく聞き出すことが可能だ。自分なりに色々チャレンジしてみてくれ。

精力剤に頼る男になってしまった・・・

できることなら精力剤なんか使う人間にはなりたくなかった。若い頃の自分を思い出してほしい。

俺は高校の頃、放課後に彼女と嫌というくらいいちゃついていた。その頃はキスするだけで楽しかったしアソコだってキスするだけでギンギンに大きくなっていた。

しかし、 20代後半からアレを思うように自分のコントロールできなくなってきた。好きな女とキスをしても全然大きくならないのだ。そんな俺を救ってくれたのが精力剤だった。

だが、そこで精力剤の手を借りずに自力で自分のアレを大きく固くする訓練をしていたら…今の俺はどうなっていたんだろうか。そんなことをふと考えてしまうことがある。

高校生の頃の放課後のようなあのアレの硬さが懐かしい。俺は最近涙腺のパッキンが古くなっているかもしれない。何かと昔の事思い出してついつい涙が溢れてしまう。そんな時にカラスが鳴いて俺はとても寂しい気分になってしまう。

気分転換のために精力剤を飲んで自慰をしてしまう自分がいる。タイムマシンがあって戻れるなら、あの頃の放課後に戻ってみたい。もう二度と味わえない、あの頃の感覚をもう一度味わいたい自分がいる。当時の彼女ショートカットで唇がふっくらしてとてもかわいい女だった。

精力剤でギンギンになって!

今ドローンが注目を集めている。かなり高性能になってきて、それなのに価格は低下してきているからだ。

ゴープロのドローンが10万円以下で発売されたら購入する人は多いんじゃないだろうか。ドローンを手に入れたら、今までの撮影方法のやり方変わってくるだろう。自分がカメラを手にしなくても撮影できるというのはとても面白い。

精力剤を飲んでギンギンになった自分のアレをドローンでいろんな角度から撮影するなんていう変態も現れてきてもおかしくないだろう。変態カップルはドローンを使って自分たちの愛し合ってる姿を日々記録し始めるかもしれない。ドローンを使ったAVなんかももちろん出現するだろう。今までできなかったようなことができてしまう。

精力剤を飲むと、今までに感じたことのないエネルギーを体内に感じることができる。そして今までの自分にはできなかった積極的な行動もできるようになる。自分の行動をより良くしてくれるものは上手く使っていきたいものだ。そのためにはお金をいっぱいためて余裕のある生活をしないといけない。さあ今日も仕事頑張ろう。

これからはお金がたくさん必要になってくる。税金も高くなってくるし、なかなか苦しい生活になると思うが、楽しみながら頑張ろう。